日独、情報保護協定を締結

 日本、ドイツ両政府は22日、安全保障分野の機密情報を相互に提供し合う「情報保護協定」を締結した。ドイツは近年、中国が海洋進出を強めるインド太平洋地域の安定に関心を寄せており、同地域に関する政策指針や艦艇派遣を決定した。日本は円滑な情報交換によって協力を推進したい考えだ。

 茂木敏充外相とドイツのレーペル駐日大使は22日、日本外務省で情報保護協定に署名した。茂木氏はドイツによるアジア太平洋地域の政策指針と艦艇派遣の決定を歓迎する意向を伝えた。

 情報保護協定は2019年2月、当時の安倍晋三首相が来日したメルケル首相と会談した際、締結で大筋合意していた。

PR

政治 アクセスランキング

PR