米での治験は有効性79%

 【ワシントン共同】英製薬大手アストラゼネカは22日、米国と南米のペルー、チリで約3万2千人を対象に実施した新型コロナウイルスワクチンの臨床試験(治験)で、発症率を79%減らせる有効性が確認できたとする暫定結果を発表した。欧州で一時懸念された、血栓リスクの増加はみられなかったとしている。

 同社はデータをさらに分析し、数週間以内に米食品医薬品局(FDA)に米国内での緊急使用許可を申請する。

 発表によると、治験の対象者は18歳以上で、発症した計141人を比較、分析した。重症化を100%予防し、年代で有効性に大きな差はなく、65歳以上では80%だった。

PR

医療・健康 アクセスランキング

PR