食品流通、デジタルで在庫最適化

 三菱商事は23日、NTTと共同で、デジタルサービスを手掛ける新会社を2021年度に設立すると発表した。まず食品流通の分野で、人工知能(AI)を用いた需要予測によって在庫の最適化を進める。発注業務などの自動化にも取り組み、幅広い産業での展開を目指す。

 新会社は「インダストリー・ワン」(東京)で三菱商事が51%、NTTが49%を出資する。

 三菱商事は、出荷や販売、天候といったデータを基に需要を予測するAIを独自に開発。新商品にも対応できるのが特長で、実証実験では物流センターの在庫を最大4割減らし、欠品率の低下も実現したという。

PR

経済 アクセスランキング

PR