北朝鮮、巡航ミサイル2発を発射

 【ワシントン、ソウル共同】韓国軍合同参謀本部関係者は24日、北朝鮮が21日午前に巡航ミサイルと推定される2発を発射したと明らかにした。米政府高官は23日の電話記者会見で、北朝鮮が先週末に「短距離システム」の実験をしたと述べた。高官は「通常の軍事活動」とし、弾道ミサイル発射を禁じた国連安全保障理事会の制裁対象にはならないとして静観の構えを見せた。

 米政府高官はサリバン大統領補佐官(国家安全保障問題担当)が来週、ワシントンで日本と韓国の高官と対北朝鮮政策などを巡る3カ国協議を開くと明らかにした。

PR

国際 アクセスランキング

PR