ベルルスコーニ氏が退院

 【ローマ共同】健康上の問題があるとして入院していたイタリアのベルルスコーニ元首相(84)が24日、北部ミラノの病院から退院した。22日朝に入院し、定期検査を受けていたという。ANSA通信が報じた。

 ベルルスコーニ氏は、未成年者買春に関する過去の裁判で関係者を買収し偽証させたとして起訴されている。24日にミラノの裁判所で公判が開かれたが、入院を理由に欠席していた。

 1月にも心臓に問題が起きたとして数日間入院し、同氏を被告とする別の裁判が延期された。昨年9月には新型コロナウイルスに感染し入院している。

PR

国際 アクセスランキング

PR