コロナ直撃、花柳界に支援を

 新型コロナの影響で宴席が激減しているとして、神奈川県の箱根湯本芸能組合と湯河原芸妓屋組合が25日、神奈川県に誘客や財政支援を求めた。着物姿の芸者らが県庁で「花柳界はこの1年、ほぼ仕事がない。支援を検討してほしい」などとする要望書を武井政二副知事に手渡した。

 箱根町の置き屋「松芳」の杏さんは「花柳界をどうにか存続させたい」と訴え、武井副知事は「飲食店以外の事業者への支援を国に要望している。県独自でできることがあるか検討したい」と応じた。

 箱根湯本芸能組合では芸者が約150人から約120人に、湯河原芸妓屋組合では約40人から約20人に減ったという。

PR

経済 アクセスランキング

PR