相模と福岡大大濠、明豊が8強

 選抜高校野球大会第7日は26日、甲子園球場で2回戦3試合が行われ、東海大相模(神奈川)、福岡大大濠、明豊(大分)が準々決勝に進んだ。

 東海大相模は鳥取城北を1―0で下した。二回に1点を先制し、2人の継投で守って、3年ぶりの8強。

 福岡大大濠は21世紀枠の具志川商(沖縄)に延長十一回、8―4で勝った。4―4の十一回に松尾のソロ本塁打などで4点を奪った。4年ぶりのベスト8。

 明豊(大分)は市和歌山に2―1で競り勝ち、2年ぶりの8強。1―1の七回に代打竹下の適時打で勝ち越した。

PR

社会 アクセスランキング

PR