SNSでも反響があった、九州の有志企業21社による広告、「サクラ新聞2021」 を今年もサクラの日(3月27日)に実施。





 株式会社九州博報堂(本社:福岡県福岡市、代表取締役社長:江崎信友、以下九州博報堂)は、昨年SNSでも大きな反響を呼び、ネットニュースや地元番組でも紹介され、福岡広告協会賞2020の新聞部門で「金賞」を受賞した西日本新聞朝刊 見開き30段に掲載された「サクラ新聞」の第2弾を実施します。

昨年、九州(西日本新聞)からスタートしたサクラ新聞は、桜の北上にあわせ、東北エリアの新聞でも展開し、コロナによる世の中の閉塞感や不安感を和らげる象徴的な新聞広告になりました。
そして、2021年春。まだまだコロナ禍の影響は続いており、日本における春の風物詩である「桜のお花見」も自治体の要請等で自粛せざるを得ない状況です。 そんな閉塞感のある状況を前向きに九州から変えていきたいという九州の企業の賛同により本年度も3月27日(サクラの日)に西日本新聞朝刊見開き30段を掲載します。
今年は満開の桜の花びらが描かれたビジュアルに、コピーは「春を、信じる。」と表現し、誰もが待ち望む「春(穏やかな日常)への想い」を、印象的なビジュアルと言葉で発信します。
また、今年のサクラ新聞は、美しいだけではありません。卒業・入学のお祝いメッセージ、ハートの花びら、謎の7ケタの番号など、さまざまな遊び心あふれる仕掛けが隠れた新聞原稿になっています。バージョンアップした「サクラ新聞2021」をお楽しみください。
■隠れハートの花びら



⬛︎いろんな隠れメッセージ


⬛︎謎の7ケタの番号(果たして何の番号なのか・・)


■ 参加アクション『#春を信じる』をつけて、“今年の桜”をSNSに投稿しよう。

株式会社九州博報堂のプレスリリース一覧
https://prtimes.jp/main/html/searchrlp/company_id/55884

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

PR

ニュースリリース アクセスランキング

PR