北朝鮮、ミサイル発射を正当化

 【北京共同】北朝鮮の李炳哲朝鮮労働党書記は27日、朝鮮中央通信を通じて25日の弾道ミサイル発射実験を正当化する談話を発表した。バイデン米大統領が発射は国連安全保障理事会の決議違反だと明言したことに対し「自衛権に対する露骨な侵害であり、挑発だ」と反発。今後も兵器実験を続ける姿勢を示した。

 李氏は金正恩総書記の側近で核・ミサイル開発を担当。25日の「新型戦術誘導弾」発射実験も指導した。短距離弾道ミサイル発射を問題視しなかったトランプ前大統領に対し、厳しい姿勢を示したバイデン氏をけん制する狙いとみられる。

 談話は「米国の執権者」などと表現、名指しはしていない。

PR

国際 アクセスランキング

PR