“顔採用”、天然パーマで解雇…ルッキズムに縛られてませんか

 東京五輪・パラリンピックの開閉会式の演出で女性タレントの容姿を侮辱するような案が浮上し、批判された。中国新聞の双方向報道「こちら編集局です」にも、「見た目で評価された経験があり嫌だった」との声が寄せられた。外見至上主義は「ルッキズム」とも呼ばれる。身近にある不快な体験とはどんなものだったのか。探ってみた。

「制服入らない女性はカウンターに…」

 広島市安佐南区の女性(39)は1月、飲食店のアルバイトを辞めさせられた。天然パーマが理由だった。整髪料を付けていたのに「清潔感がない。きちんと髪をセットして」と上司から注意された。これ以上のセットとなると高額な縮毛矯正が必要になる。「仕事ぶりじゃなく髪質で判断されるのは理不尽」と今も納得がいかない。

 以前勤めたファストフード店では、男性店長が「9号の制服が入らない女性はカウンターに立てない」と決め、この女性は調理場に配属された。「接客を担当する人は細身がいい」という押し付けに傷ついた。

 ルッキズムは、容姿、外見という意味の英語「look」と「主義」を意味する「ism」を合わせた単語。女性は今回の五輪演出問題について「外見で人生が左右されることもあるのに、ネタにする感覚が理解できない」と憤る。

出産後に「前の体形に戻ってほしい」

 同区の別の女性会社員(37)は演出案を「ルッキズムが社会にまん延し、感覚がまひしている証拠」と言う。前の会社では同僚の男性たちが新人の女性を「顔が何点、スタイル何点」などと採点していた。取引先の男性も好みの部下を「かわいいでしょ」と紹介する一方で、他の部下のことを「彼女、仕事はできるけど顔がイマイチでさー」と陰口を言っていた。

 思えば就活中にも「顔採用」が暗黙の了解だった企業があった。個人的な美醜の感覚は誰にもあり、美しいものを求める気持ちは分かる。でも「容姿によって機会や可能性の不均等が生じるのは問題ではないでしょうか」と問い掛ける。

 同市東区の男性会社員(41)も「女は顔、男は身長」という風潮があると感じる。学生時代から人気なのは、かわいい女子と背が高い男子。女友達が「彼イケメンだけど背が低いのが残念よね」と言うたび違和感を覚えると打ち明ける。

 「若い頃から見た目を否定されて嫌だった」と話すのは広島県呉市の女性(52)。「顔が大きい」「貧乳」という言葉にしおれた。パート先でも「きちんと化粧して」「身なりに無頓着だから老けて見える」と指摘されショックを受けた。

 出産後に14キロ太った同県福山市のパート女性(38)は、夫から「前の体形に戻ってほしい」と求められた。産前と変わらないスタイルで仕事復帰する芸能人がメディアで取り上げられるたび、「一般人も出産で太ってはいけない」とプレッシャーを感じるという。

「痩せなきゃ」「二重まぶたに」口癖

 学校で劣等感を植え付けられた人もいる。福山市の女子大学生(23)は170センチの長身で、小さい頃からあだ名は「巨人」や「のっぽ」。身体測定の時間が苦痛で、小柄に見られたくて猫背の癖がついた。高校の修学行で訪れたカナダで聞いた友人の一言は「ここにいると普通だね」。「日本だと普通じゃないってこと?」と悲しかった。

 女友達も外見にとらわれていて、みんな口癖のように「痩せなきゃ」「二重まぶたになりたい」と言う。街中にはダイエットや脱毛の広告があふれ、「私たちは無意識に社会が決めた『美しさ』に縛られている気がします」。

(中国新聞・栾暁雨)

関連記事

PR

社会 アクセスランキング

PR