スエズの座礁船、脱出に成功

 【スエズ共同】エジプトのスエズ運河で座礁し、脱出作業が続いていたコンテナ船「エバーギブン」(愛媛県今治市の正栄汽船所有)について、スエズ運河庁のラビア長官は29日の声明で「船の救助と浮上に成功した。運河の航行を再開する」と発表した。正栄汽船も船長から離礁の連絡があったと明らかにした。23日の座礁以来、世界で最も重要な運河の一つがふさがり、国際海運に大きな影響を与えていたが、ようやく運航再開に向かった。

 シシ大統領は「危機を終わらせることに成功した」とツイートした。

 共同通信記者は29日、船が運河の岸と平行に近づくような形で停止しているのを確認した。

PR

社会 アクセスランキング

PR