高齢者接種「万全な体制を期す」

 河野太郎行政改革担当相は30日、全国知事会長の飯泉嘉門徳島県知事とオンラインで意見交換し、4月12日に始まる新型コロナウイルスワクチンの高齢者向け接種について「万全な体制を期していく」と述べた。ワクチンの輸入に関して欧州連合(EU)との連絡を連日重ねていることも明かし「供給量を確保できるよう努力していきたい」とした。

 意見交換は冒頭のみ公開。飯泉氏は「全国の高齢者が副反応を心配している。分かりやすく広報してほしい」と述べ、接種を円滑に進めるため、供給スケジュールや副反応の情報を速やかに開示するよう求めた。

PR

政治 アクセスランキング

PR