まん延防止、政府調整へ

 国内での新型コロナウイルスの新規感染者数が30日、2087人となり2千人を超えた。共同通信の集計では、東京都と大阪府は「感染急増」を示すステージ3の水準を満たしており、流行の“第4波”への突入を懸念する声も出ている。対策強化を目指す大阪はまん延防止等重点措置の適用を求める方針で、政府高官は「尊重せざるを得ないのではないか」と述べ、正式な要請を受けて調整する意向を示した。2千人超えは27日以来で、大都市を中心に感染拡大に歯止めがかからない。

 大阪の30日の新規感染者は432人で、東京の364人を上回った。

PR

社会 アクセスランキング

PR