NY株反落、104ドル安

 【ニューヨーク共同】30日のニューヨーク株式市場のダウ工業株30種平均は4営業日ぶりに下落し、前日比104・41ドル安の3万3066・96ドルで取引を終えた。米長期金利の上昇加速に対する投資家の警戒感が高まった。ハイテク株主体のナスダック総合指数は14・25ポイント安の1万3045・40と続落した。

 資金の運用先として割高感を意識されやすいハイテク株が下落し、相場の重しとなった。一方、米景気回復への期待感が下支えした。

 銘柄別では、医薬品のアムジェンやITのマイクロソフトの下落が目立った。一方で、金融のゴールドマン・サックスは高かった。

PR

経済 アクセスランキング

PR