東京円、110円台後半

 31日午前の東京外国為替市場の円相場は1ドル=110円台後半で取引された。昨年3月以来、約1年ぶりの円安ドル高水準。

 午前10時現在は前日比48銭円安ドル高の1ドル=110円70~71銭。ユーロは44銭円安ユーロ高の1ユーロ=129円76~77銭。

 米景気回復への期待を背景に米長期金利が上昇基調にあることから、日米金利差の拡大を意識した円売りドル買い注文が優勢となった。年度末の決済で国内輸入企業による円売りドル買い注文も入った。

 市場では「米長期金利が一段と上昇すれば、円安ドル高が加速しそうだ」(外為ブローカー)との声があった。

PR

経済 アクセスランキング

PR