宮城知事、まん延防止「協議を」

 宮城県の村井嘉浩知事は1日、新型コロナウイルス緊急事態宣言に準じた「まん延防止等重点措置」の県への適用について「大阪府だけでなく宮城県もどうするか協議してほしいと、国にお願いしている」と述べた。宮城同様、感染が再拡大している山形県は「不要」との意向を政府に伝えていることが分かった。

 村井氏は県庁で記者団に、3月31日の県内の感染確認が過去最多の200人に上ったことで「今の対策だけではかなり厳しいと思った」と強調。措置適用については「早めの対応を取るのであれば適切な時期ではないか」と話した。また「財政的な手当ては(国に)強くお願いした」とした。

PR

医療・健康 アクセスランキング

PR