新型コロナ米の死因3位 2020年、心臓病、がんに次ぐ

 【ワシントン時事】米疾病対策センター(CDC)が3月31日に公表した2020年の死亡率に関する暫定統計によると、米国では同年、新型コロナウイルスが主因で34万5千人余りが死亡し、死因別で心臓病(約69万人)、がん(約59万9千人)に次いで3番目に多かった。主な死因ではないものの新型コロナに関連する...

PR

社会 アクセスランキング

PR