再開3年目の商業捕鯨開始

 宮城県石巻市の漁港で3日未明、小型捕鯨船2隻がミンククジラ漁へ出発、再開3年目となる今年の商業捕鯨が始まった。青森県八戸市からも2隻が出漁。6月に北海道網走市からもう1隻が加わり、10月末ごろまで計5隻が北海道や三陸沿岸で120頭の捕獲を目指す。

 夜明け前の石巻漁港から、地元の鮎川捕鯨が運航する漁船2隻が仙台湾へ向かった。6月上旬まで青森、岩手、宮城各県の沿岸で操業後、北海道沿岸へ北上する見込み。

 八戸漁港からは外房捕鯨(千葉県南房総市)と和歌山県の太地町漁協の計2隻が出漁した。水産庁によると、沿岸から離れた沖合での商業捕鯨は6月前後にスタートする。

PR

くらし アクセスランキング

PR