原料か電気系統から出火と報告書

 静岡県吉田町で2020年7月、家庭用品メーカー「レック」(東京都)の「静岡第二工場」で出火、消防隊員ら4人が死亡した火災で、同社の事故調査委員会は3日、出火原因は「原料の自然発火か、電気系統のトラブルの可能性がある」とする報告書をまとめ、公表した。新鮮な空気が入り爆発する「バックドラフト」が起きたとの見方を示した。

 報告書によると、保管していた商品の原料の一つ「過炭酸ナトリウム」は水分を含むと発熱しやすい種類のものがあり、発火した可能性がある。一方、工場のコンセント接続機器や充填機の漏電などで出火したことも考えられるという。

PR

社会 アクセスランキング

PR