須崎優衣「優勝で五輪代表権を」

 レスリング女子で、4月の東京五輪アジア予選(カザフスタン)で代表を狙う50キロ級の須崎優衣(早大)が4日、オンライン取材に応じた。2位以内に入れば代表入りが決まるが「絶対に優勝して、東京五輪の代表権を獲得して笑顔で帰ってきたい」と抱負を語った。

 2017、18年の世界選手権を制しながら19年は同選手権代表を逃し一時は五輪を諦めかけた。ライバルが敗れて再び巡ってきたチャンス。コロナ禍で予選が約1年延期となった間に細かな技術を重点的に練習した。「より東京五輪に出場して金メダルを取るという気持ちが強くなった。この1年で成長できた」と久々の試合を待ちわびていた。

PR

スポーツ アクセスランキング

PR