米、19日から全成人が接種対象

 【ワシントン共同】バイデン米大統領は6日、ホワイトハウスで演説し、新型コロナウイルスワクチンの接種対象を19日から18歳以上の全成人に拡大すると表明した。当初5月1日としていた日程を前倒しした。「もう混乱するようなルールや規制はない」とし、政権発足100日となる今月末までに2億回の接種を行うとの目標も「達成できそうだ」と手応えを口にした。

 バイデン氏は65歳を上回る高齢者の75%超が接種を済ませたとも明らかにし、政権の成果を強調。人口の9割が自宅から約8キロ以内で接種を受けられるよう、拠点を増やす考えも表明した。

PR

社会 アクセスランキング

PR