東芝、買収提案受け検討チーム

 東芝が英投資ファンドのCVCキャピタル・パートナーズからの買収提案を受け、豊原正恭副社長をトップとする社内の検討チームを立ち上げたことが9日、分かった。CVCからの詳細な提案を待ってチームの議論を加速する。車谷暢昭社長は2017年から18年までCVC日本法人の会長を務めており、同日の取材に「私は(議論の)報告を受けない」と述べた。

 車谷氏は「限られた人数で、厳格な態勢でやる。利益操作が起きないようにする」とし、情報管理を徹底する考えを示した。

 人選は、株主に選任された取締役を重視すべきだとした上で、客観性を保つため社外取締役を中心に議論を進めるとした。

PR

経済 アクセスランキング

PR