40年超原発、安全対策を評価

 福井県にある運転開始から40年を超えた関西電力の原発3基を巡り、県原子力安全専門委員会は9日、県庁で会合を開き、関電が進めた機器の新設など安全対策は評価できるとする報告書案を大筋で了承した。近く正式に取りまとめ、知事に提出する。

 関電は美浜原発3号機(美浜町)と高浜原発1、2号機(高浜町)の再稼働を目指す。杉本知事は専門委の見解を同意判断の参考にする考えを示している。

 報告書案は「ハード、ソフト両面から安全性の改善が図られた」と判断。今後は機器の経年劣化のデータ収集に努めることなどを関電に求めた。

 委員の一部からは、運転すべきではないという意見もあった。

PR

科学・環境 アクセスランキング

PR