米国務長官、多様性担当を設置

 【ワシントン共同】ブリンケン米国務長官は12日、国務省で演説し、同省人事において人種や性別による差別や不平等を解消し、多様性を担保するために、新たに責任者のポストを設置したと発表した。黒人女性のジーナ・アバクロンビーウィンスタンリー元マルタ大使を任命した。

 多様性を重視するバイデン政権の取り組みの一環。またホワイトハウスは12日、バイデン大統領が陸軍長官にオバマ元政権で国防次官(政策)を務めたクリスティン・ウォーマス氏を指名すると発表した。上院で承認されれば女性初の陸軍長官となる。

 ブリンケン氏は演説で「米国の多様性は強みの源泉だ」と強調した。

PR

国際 アクセスランキング

PR