海洋放出、韓国が日本大使に抗議

 【ソウル共同】韓国外務省は13日、日本政府が東京電力福島第1原発の処理水を海洋放出する方針を正式決定したことについて、相星孝一駐韓大使を呼んで抗議した。韓国では具潤哲国務調整室長が「断固反対する」と表明したほか、沿岸部の自治体でも反発が広まっている。

 南西部の全羅南道は海洋放出した場合、日本の水産物の全面的な輸入中断を韓国政府に要請すると発表した。南部の済州特別自治道は、釜山市などと海洋放出を阻止するための対策委員会を発足させ、国際海洋法裁判所への提訴などの法的措置も検討するとしている。

PR

国際 アクセスランキング

PR