肌測定デバイスと専用アプリによるパーソナルスキンケアサービス「SkinCatch」の開発プラットフォームにAppabrikが採択

~2021年4月14日(水)~2021年5月30日(日)の期間限定で「b8ta Pop-Up Store Fukuoka 2021」へ出展~
モバイルアプリ開発プラットフォーム「Appabrik(アパブリック)(https://www.appabrik.com/ja)」を提供するanect株式会社(本社:福岡県福岡市、代表取締役社長:木村 一郎、以下anect)は、この度、凸版印刷株式会社(本社:東京都文京区、代表取締役社長:麿 秀晴、以下 凸版印刷)と、VesCir Ltd.(ベッサー) (本社:台北市・台湾、CEO:Paul Chen、以下 VesCir)が共同開発した、肌データを独自アルゴリズムで分析し専用アプリ内で表示するサービス「SkinCatch(スキンキャッチ)」の開発プラットフォームとして採択されました。

            


              「SkinCatch」専用アプリ画面イメージ。
    (左)肌の点数表示(トータルスコア)、(中央)各測定項目別スコア、(右)測定履歴

昨今、使用している化粧品が本当に今の自分の肌状態に合っているのか、年齢や季節に合わせてどのようにスキンケアを選べばよいのかなど、これまで漠然と消費者が感じていた疑問に答える術として、「パーソナライゼーション」が注目されています。さらに、コロナ禍により百貨店などでの対面での肌診断サービスが受けづらい今、自宅でできる肌診断やそれに基づくアドバイス等のコミュニケーションは、消費者にとってもメリットがあります。

本サービスは、ユーザーが登録した年齢・性別等の属性とデバイスでスキャンした肌情報をもとに、水分・色素・皮脂・酸素の4つの項目ごとに肌の状態を点数表示し可視化することが可能となり、顧客コミュニケーションやマーケティングに活用できるサービスです。ユーザー自身はもちろん、本サービスの提供事業者(化粧品メーカー等)もユーザーの肌情報を確認できるため、一人ひとりの肌の状態に合わせた顧客コミュニケーションが可能となります。

この度「Appabrik」は、B2Cアプリ(OMOアプリ)に必要な機能が標準実装されていることや、スマートデバイスを始めとしたIoTデバイスとの連携実績が多数あること等を評価いただき、「SkinCatch」に採択いただきました。
「SkinCatch」は、2021年4月より化粧品メーカーや化粧品通販会社などに向けてサービスを開始いたします。また、2021年4月14日(水)~2021年5月30日(日)の期間限定で「b8ta Pop-Up Store Fukuoka 2021」へ出展いたします。本展示では、肌測定デバイスと専用アプリを使って実際に肌診断を体験いただけます。

■「b8ta Pop-Up Store Fukuoka 2021」
URL:https://b8ta.jp/pages/popup-fukuoka2021


(左)肌測定デバイス。(上半分の蓋を外し、センサー部分を肌につけて測定が可能)
(右)肌測定を行っているイメージ

■「SkinCatch」に Appabrikが採択された背景
SkinCatch開発にあたって、フルスクラッチ開発を始めいくつかの選択肢がある中で、下記の強みを評価いただき、Appbarikを開発プラットフォームとして選定いただきました。

・B2Cアプリ(OMOアプリ)に必要な機能が標準実装(プッシュ通知やクーポン配布機能など)で用意されていること
・基本機能だけでなくオリジナル機能を追加できること
・CRMサービスなど、外部サービスとの連携が可能であること
・Fitbitなどのスマートデバイスを始めとしたIoTデバイスとの連携実績が多数あること

■ 「SkinCatch」概要
・名称:SkinCatch
・デバイス
 大きさ:約73×78×20(mm)
 重量:約47g
 測定項目:水分・色素・皮脂・酸素 ※スコア表示
 製造国:台湾
 その他:充放電管理の安全性試験、モバイルバッテリー安全性試験(JIS規格)、
     その他各種国内安全性試験クリア ※日本ラボテック(株)調べ
・アプリ
 基本機能:測定結果点数表示(トータルスコア・各測定項目別スコア)・測定履歴表示・
      クーポン配信機能・お知らせ配信機能等

* 本ニュースリリースに記載された商品・サービス名は各社の商標または登録商標です。
* 本ニュースリリースに記載された内容は発表日現在のものです。その後予告なしに変更されることがあります。

■Appabrikについて
anectが提供するモバイルアプリに関するものをワンストップで提供するプラットフォームです。クラウド型でありながら、他社のシステムとの機能連携も容易に可能な、「低価格・構築スピードの速さ」と、独自開発による「オリジナル機能」を両立した、柔軟性を持ったアプリ開発・運営システムです。

<特徴>
1.基本機能とオリジナル機能の柔軟な組み合わせ
B2Cアプリに必要な機能が標準実装(プッシュ通知やクーポン配布機能など)。基本機能だけでなくIoTデバイスとの連携などオリジナル機能も追加することができるため、ニーズに応えたカスタマイズが可能です。

2.低価格・構築スピードの速さ
従来のスクラッチ型開発に比べ、圧倒的に低コストでスピーディーな開発を実現。初期費用を抑えるだけでなく、短期間でリリースが可能です。

Appabrikサービス詳細:https://www.appabrik.com/ja

【anect株式会社 会社概要】
会社名:anect株式会社
代表者:木村 一郎
設立日:2015年2月
資本金:2,200万円(資本準備金含む)
所在地:福岡市中央区大名2-6-11 Fukuoka Growth Next 209
HP:https://anect.jp/


企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

PR

ニュースリリース アクセスランキング

PR