「原発の処理水で料理や洗濯を」

 【北京共同】中国外務省の趙立堅副報道局長は15日の記者会見で、東京電力福島第1原発の処理水について「日本の政治家が安全を証明したいのなら、自身で飲用や料理、洗濯に使ってみては」と述べた。中国は日本の海洋放出の方針決定に対する非難を強めている。

 趙氏は、中韓両政府が14日に開いた海洋協力に関する会議で、日本への「深刻な懸念と強烈な不満」を共有したと強調。国際原子力機関(IAEA)の関与や中韓など関係国の検証を受け入れるよう日本側に求めた。

 中国商務省の高峰報道官も15日の記者会見で、日本産食品の新たな輸入制限につながる可能性を示唆した。

PR

科学・環境 アクセスランキング

PR