「知事を引きずり下ろす理由に使われた」芸術論争置き去りに

中日新聞連載「翻弄 リコール不正の陰で」㊥

 会心の手応えだった。「ものを作る原点に立ち戻ったような、好奇心を持って何かをやった子どもの驚きと喜びみたいな…」。美術家で映画監督の大浦信行(72)が遠い目で振り返る。2019年の国際芸術祭「あいちトリエンナーレ」の企画展「表現の不自由展・その後」に出した映像作品を仕上げたときのことだ。

...

関連記事

PR

開催中

7人の作家スタンプ展

  • 2021年5月11日(火) 〜 2021年6月15日(火)
  • ジュンク堂書店福岡店1階昇りエスカレーター前

政治 アクセスランキング

PR