【ホームオフィス/スモールオフィス特化オフィス家具】新作オリジナルデスクを発売、販売拡大のため資金調達を実施

在宅ワークに最適化したオフィス家具を開発
オフィス家具D2CブランドWAAK°を運営するワアク株式会社(本社:福岡市 代表取締役CEO:酒見史裕 以下、ワアク)は在宅ワークの広がりやオフィスの分散化・小型化に対応した、オリジナルデスクを開発・発売いたしました。
「最高のワークプレイスを、すべての人に」をビジョンに、オフィス家具D2CブランドWAAK°を展開するオフィス家具のスタートアップ・ワアク株式会社は、この度在宅ワークやスモールオフィスに最適化されたワークデスクを発表。合わせて商品開発と販売拡大のため第三者割当増資による資金調達を実施いたしました。

電動昇降デスク・WAAKstanding(ワアクスタンディング)

Twitterでの事前告知にて3,000件近い反響のあったスマートデスクをはじめ、ホームオフィス/スモールオフィスにおける使用に最適化した家具を発売いたしました。

□電動昇降デスク・WAAKstanding(ワアクスタンディング)

オークとウォールナットの2色展開。オプションで配線トレーも。

「暮らしにとけこむミニマルな電動昇降デスク」をコンセプトに、家具で人気の高いオークやウォールナットの無垢材を天板に使用した電動昇降デスク。オプションで配線トレーの取り付けも可能。

WAAKstanding | WAAK°
https://waak.space/pages/waakstanding



□スマートデスク・WAAKstation(ワアクステーション)


スライド式の天板とケーブルボックスにより配線をスマートにした、まったく新しいタイプのデスク。モニターアームにも対応。オプションの専用シェルフで、より整理・収納しやすくなります。

WAAKstation | WAAK°
https://waak.space/pages/waakstation


【資金調達を実施】
今回の商品開発および今後の開発・販売拡大を資金使途として、九州オープンイノベーション1号投資事業有限責任組合(GP:GxPartners有限責任事業組合及び株式会社FFGベンチャービジネスパートナーズ)を引受先としたシードラウンドの第三者割当増資を実施いたしました。

引受先コメント



GxPartners マネージングパートナー&COO 中原 健 氏

この度、オフィス家具スタートアップのWAAK˚に出資させていただきました。
ファウンダーの酒見さんが持つ家具業界における深い知見と経験及びネットワークを背景とした、商品企画・実際のプロダクト製造・流通の最適化までを短時間で行える一気通貫した“開発力”がWAAK˚の最大の武器だと感じています。
先月販売スタートした新プロダクトもユーザーのインサイトをリサーチした上でわずかな期間で社会に出すことができました。
今後、WAAK˚の生み出すプロダクト群がコロナ禍において変貌している『生活と仕事』のあり方を支えていくと信じています。

【会社概要】
社名:ワアク株式会社
本社:〒810-0041 福岡市中央区大名2-6-11 Fukuoka Growth Next
代表者:代表取締役CEO 酒見 史裕
設立:2019年10月
資本金:4,510万円(資本準備金含む)
事業内容:家具の企画・開発・販売、空間デザイン
会社HP:https://waak.space/
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

PR

ニュースリリース アクセスランキング

PR