携帯大手3社、増収増益を予想

 携帯電話大手3社の2022年3月期の連結業績予想が14日、出そろった。全社が売上高、営業利益のいずれも前期から伸ばす計画を発表。菅政権の圧力を受けて実施した携帯料金値下げは、テレワークの環境整備といった法人向け事業や、スマホ決済などの金融事業の強化で補うことを目指す。

 KDDIは22年3月期の営業利益を1兆500億円と予想し、21年3月期の1兆373億円から1・2%増を見込んだ。

 ソフトバンクの宮川潤一社長は「法人ビジネスはかなり成長が始まっている」と、収益拡大に自信を示す。

 NTTドコモはスマホ決済の利用者拡大や、中小企業のデジタル化支援に注力する。

PR

経済 アクセスランキング

PR