経産の補助金申請システムに障害

 経済産業省は17日、補助金の申請システムで1月から今月にかけ障害が発生していたと発表した。24の補助金、計1998件について添付書類を取り込めていなかった。アクセス集中が主因で、既にシステムを強化した。添付漏れがあった申請者には再度の添付を依頼する。採択や交付に遅れは出ておらず、障害が原因で補助金を受け取れなかったケースもないとしている。

 障害の大半は小規模事業者向けの「持続化補助金」で起きた。持続化補助金には新型コロナ感染防止の対策費が含まれる。今月12日の1度目の公募締め切り後、事務局が確認する中で、事業者の経営計画などが取り込めていないと発覚した。

PR

経済 アクセスランキング

PR