誤算「選管は数えるだけ」のはずが…「おれの人生狂っちまった」

中日新聞連載・作られた民意~リコール署名偽造事件㊦

 全国でも名の知れた美容外科「高須クリニック」の高須克弥院長(76)をトップに、名古屋市の河村たかし市長(72)ら大勢の著名人が賛同し、華々しく展開された愛知県知事のリコール署名集めは2020年10月25日にほぼ終了した。

 その翌日、活動団体事務所(名古屋市東区)に事務局の中心メンバーのうち3人が顔をそろえた。事務局長の田中孝博(59)と幹部の渡辺美智代(54)という愛知県警が地方自治法違反(署名偽造)の疑いで逮捕した2人に加え、同じく幹部の山田豪(52)がいた。

 田中が言った。

 「これから(大量の偽造署名が)送られてくる」

 「人を巻き込むのはやめてほしい」と抵抗する声も出たが、意に介さない。

 「成立しなければ署名用紙はただの紙切れ。選管は数を数えるだけ。心配するな」

 本来、解職の賛否を問う住民投票は必要な法定数に届かない限り、選管は署名の審査をすることはない。返却後に全て処分すれば、偽造した事実は永遠に闇に葬られる。田中は自信ありげだった。

...

関連記事

佐賀県の天気予報

PR

開催中

200CUTTING BOARDS

  • 2021年5月28日(金) 〜 2021年6月14日(月)
  • MAGAZYN(マガズィン)
開催中

The Edge展

  • 2021年6月9日(水) 〜 2021年6月14日(月)
  • 福岡三越9階三越ギャラリー

佐賀 アクセスランキング

PR