スプーン辞退の客にポイント付与

 環境省は1日、都内のセブン―イレブン6店舗で、使い捨てスプーンやフォークを辞退した客に、電子マネー「nanaco(ナナコ)」のポイントを付与する実証実験を行うと発表した。使い捨てプラスチック製品の削減効果を探るのが狙い。

 対象は環境省など中央省庁が入る建物内の店舗が中心で、期間は16日から7月15日まで。弁当などの購入時にスプーン、フォークの受け取りを辞退すれば、3ポイントを付与する。

 ポイント付与は、小泉進次郎環境相から提案を受けたセブン側が検討していた。小泉氏は記者会見で「実証の効果や反応を今後に生かしたい」と述べた。

PR

PR