エゾフクロウのひなが成長

 北海道石狩地方の森林で、エゾフクロウのひながすくすくと成長している。つぶらな瞳にふわふわの白い産毛を身にまとった姿は、まるでぬいぐるみのよう。2日は朝から約20人が愛らしい姿を写真に収めていた。

 地元の住人によると、ひなは全部で3羽おり、木の幹の巣穴から5月下旬に出てきたばかり。うまく飛ぶことはできず、枝の上で身を寄せ合ってじっとしていることが多いという。

 エゾフクロウは成鳥で体長約50センチ。北海道全域に生息する。ひなは約2カ月後に独り立ちしていく。

PR

開催中

だざいふ子ども絵画展

  • 前期2021年11月11日(木)~23日(火・祝)、後期27日(土)~12月10日(金)
  • 太宰府市文化ふれあい館 エントランスホール
me music マリンワールド海の中道 外洋大水槽前から

PR