ヌーラボ、コロナ禍で従業員エンゲージメントが大幅に向上

従業員がユーザーの成功に集中できるようにするため、今後もヌーラボは従業員エンゲージメントを重視
チームのコラボレーションを促進し、働くを楽しくするツール「Backlog」「Cacoo」「Typetalk」「Nulab Pass」を提供する株式会社ヌーラボ(本社:福岡県福岡市、代表取締役:橋本正徳、以下 ヌーラボ)は、独自に行っている従業員エンゲージメント調査の結果、コロナ以前と以後で従業員エンゲージメントのスコアが大幅に向上していることを発表いたします。


■調査結果の詳細について

ヌーラボは、ヌーラボの従業員(以下、ヌーラバー)に対し、独自の従業員エンゲージメント調査を継続して行なっています。今回の調査は、新型コロナウイルス感染症の拡大により、テレワークを軸とした勤務形態に移行するなど働き方に関する多くの変化*1 が起きた後、初めて実施いたしました。

*1 以下、新型コロナウイルス感染症の拡大に伴う勤務形態などの変化が起こる前を「コロナ以前」、変化が起こってから本日までを「コロナ禍」と表現します。

その結果、コロナ以前と比べ、コロナ禍において全項目のスコア*2 が向上してきていることが分かりました。ヌーラボに関する総合評価としての質問「あなたは、周囲に仕事を探している人がいたら、ヌーラボを働く場所として勧めたいと思いますか?」の回答は、前回と比較し、スコアは43.1ポイントと大幅に上昇しました。


*2 設問に対して0~10点で回答を収集し、点数を3つのグループに分類しスコアを算出するNPS調査を実施しています。NPSは -100% ~ 100% の間の数値で表されます。

調査では、より詳細の内容についても尋ねました。もっとも改善が見られた項目は「働き方や職場環境への満足度」で、スコアは前回と比較し47.0ポイント上昇しました。具体的には、月に15,000円を継続してヌーラバーに支給する「在宅勤務補助手当」などによる、自宅の就労環境整備のための取り組みによる成果と考えられます。ビジネスチャットツール「Typetalk」では、離れた環境にいるヌーラバー同士が、おすすめのデスクや椅子を紹介し合うといったコミュニケーションも交わされています。

また、コロナ以前より、ヌーラボはコアタイムのないフレックスタイム制度を導入しています。介護や子育てなど業務以外の事情があるヌーラバーも、それぞれの働きやすい時間を選択しパフォーマンスを発揮できています。


「人間関係への満足度」「成果に対する評価への満足度」についても大きく改善が見られました。これらの項目のスコア上昇の背景には、すごろくトークやスモールトーク、部活動支援制度、VRデバイスOculus Quest 2の全従業員への貸与など、コミュニケーションの活性化に重きを置いた施策や、1on1などを実施し納得感のある評価を図っていることの効果だと捉えられます。

一般的には、テレワークだと「コミュニケーションが減り人間関係を築きにくい」「個々/チームの成果が分かりづらい」といった悩みも聞かれますが、ヌーラボではむしろコミュニケーションや評価の満足度に対する取り組みを進歩させることができていると言えます。


その他、働く上でのさまざまな満足度を重視した制度や取り組みについては下記の通りです。これらの満足度が、ヌーラバーが持つヌーラボへの愛着やユーザーの課題解決への集中度を高め、従業員エンゲージメントの高さに繋がると考えます。

・勤続年数に左右されない年次有給休暇
 入社初日に10日、入社1年ごとに20日を付与

・子育て休暇
 妊娠中、あるいは3歳未満の子をお持ちのヌーラバーには、扶養の可否に関わらず、月1日の有給休暇を年次有給休暇と別に付与

・カンファレンス補助手当
 勉強会やカンファレンスの参加費を会社が負担する制度

リゾートワーク制度
 リゾート地でのリモートワークを支援しつつ、提携した教育機関で授業を実施することで学びを得ることを狙う教育研修制度

・語学学習支援
 ヌーラバーが言語を学習する費用をヌーラボが負担する制度
 日本語が第一言語のヌーラバーは英語を、そうでないヌーラバーは日本語を学習することができる

・書籍購入補助手当
 各自の技術力や仕事の質の向上を目的として、月に1冊まで好きな書籍を購入することができる制度

・PC・マシン購入補助手当
 業務の学習のために利用する個人の端末に対し、購入金額における一定の割合の手当を支給する制度

Winセッション
 週に一度、業務の成果を発表し合う取り組み。部署や業務内容にかかわらず誰でも参加可能で、相互に成果を讃え合う

・NUice Action! トピック
 ちょっとしたお礼やねぎらいをTypetalk上で伝えるためのトピック
■従業員エンゲージメントを重視する経営スタイルについて

2004年の創業以来、ヌーラボは、「楽しく仕事をできる人を増やしたい」という思いをもとにサービス開発、提供を続けています。また、サービス開発、提供だけでなく、自然と育っていたヌーラボの文化を明文化したり、制度化したりといった「組織づくり」にも注力してまいりました。

その背景には、「楽しく仕事をするためには、【1. 業務ツール導入による仕事のオンライン化などのワークフロー改善】【2. 企業のバリューに共感し、不要な心配をすることなくパフォーマンスを発揮できる従業員エンゲージメントの高い組織づくり】の両軸が必須である」というヌーラボの考え方が存在します。


ヌーラボは、チームのコラボレーションを促進する「Backlog」をはじめとしたサービスの開発、提供を通して「ワークフロー改善」を後押しすることを継続し、さらに、サービスの機能やヌーラボの取り組みに関する継続的な情報発信を通し、ユーザーが所属するチームの「従業員エンゲージメントの高さ」にも影響を与えていきたいと考えています。

そのためにも、ヌーラボは引き続きヌーラバーの従業員エンゲージメントの高さにこだわります。ヌーラボのミッションに共感したヌーラバーが働き方や評価、コミュニケーションに納得し、悩むことなくユーザーの課題解決に集中することができるよう努めていきます。

このような従業員エンゲージメントを重視する経営スタイルが、ユーザーの満足度を高め、ユーザーを増やし、業績の向上にも繋がるものだと考えています。
■ヌーラボが提供するサービスについて

http://www.youtube.com/watch?v=Uqy_PCe4_28
ヌーラボは、プロジェクト管理ツール「Backlog」、ビジュアルコラボレーションツール「Cacoo」、ビジネスチャットツール「Typetalk」、組織の情報セキュリティ・ガバナンスを高めるためのツール「Nulab Pass」を開発・提供しています。

・プロジェクト管理ツール「Backlog」:https://backlog.com
・ビジュアルコラボレーションツール「Cacoo」:https://cacoo.com
・ビジネスチャットツール「Typetalk」:https://www.typetalk.com
・組織の情報セキュリティ・ガバナンスを高めるツール「Nulab Pass」:https://nulab.com/ja/nulabpass
■株式会社ヌーラボについて


※本プレスリリースに記載された情報は、発表日現在のものです。
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

PR

ニュースリリース アクセスランキング

PR