全日空、職場接種を13日に開始

 全日本空輸が新型コロナウイルスワクチンの職場接種を13日午前に羽田空港で開始することが12日、関係者への取材で分かった。14日を予定していたが、準備が整ったことから計画をさらに早める。

 政府が水際対策の観点から国際線のパイロットや客室乗務員を優先対象としたため、前倒しでの対応に踏み切る。グループの社員4万6500人が対象となる。

 政府は21日に始まる予定の職場接種に関し、準備が整った企業については実施を早めることができるとしている。

 航空業界では日本航空も14日から始めることを決めており、グループ社員3万6千人を対象に1日当たり約300人の接種を目指す。

PR

開催中

映像シアター

  • 2021年7月17日(土) 〜 2021年7月29日(木)
  • 福岡市保健環境学習室 まもるーむ福岡

PR