ー国民スポーツ大会はじまりの地に選ばれた佐賀県ー「SAGA2024 国スポ・全障スポ」大会ピクトグラム発表

2024年、「体育」から「スポーツ」へ。佐賀県がこれまでにない前代未聞の大会づくりにゼロから挑む~大会ピクトグラムのモデルに実在のアスリートを起用~
佐賀県は、2024年に佐賀県内(一部県外開催競技あり)で開催される「国民スポーツ大会・全国障害者スポーツ大会(以下、「SAGA2024」)」に向けて、「体育」から「スポーツ」に変わる、今だからできることにこだわり、「スポーツのチカラ」を届けられる新しい大会づくりを進めています。そのひとつが、今回の『リアルアスリート・ピクトプロジェクト』で、佐賀県内外で活躍する実在のアスリートがモデルとなり、SAGA2024大会ピクトグラムをシンボルとして制作しました。
http://www.youtube.com/watch?v=3qwcz7ArFgk
また今回の発表に合わせ、SAGA2024の公式ホームページもリニューアルを実施いたします。大会ピクトグラムのモデルとなったアスリートからのコメントやプロフィールを含めた各アスリートごとのストーリーを順次公開していく予定です。大会期間中に限らずに、このシンボルを様々な場面で使用することでより一層スポーツの魅力を知っていただき、さらなる感動を生み出すきっかけづくりになると考えています。

SAGA2024公式ホームページ:https://www.saga2024.com/

「国体」の愛称で長らく親しまれてきた国民体育大会(以下、「国体」)ですが、第一回大会が開催された1946年から社会も暮らしも大きく変わった今、その名称が「国民スポーツ大会(以下、「国スポ」)」へと変わり、1つの歴史が始まろうとしています。このタイミングで最初の開催地に選ばれた佐賀県が何をすべきか、私たちの中での答えとして「新しい大会、そしてスポーツ文化の新時代をつくることですべての人にスポーツのチカラを届ける」ということを掲げました。スポーツは、実際に競技に参加“する“選手”や“選手でない”人、そして“観る”人や“支える”人といった様々な人々が関わり、みんなでつくり上げられるものです。
スポーツには、人を感動させ、勇気づける力があります。佐賀県は、『すべての人に、スポーツのチカラ』を届けるため、これからも「体育」から「スポーツ」に変わる、いまだからこそできる前例のない新しい大会づくりに挑戦していきます。
佐賀県の新たな挑戦、実在のアスリートをピクトグラムにする『リアルアスリート・ピクトプロジェクト』

これまで約80年近く実施されてきた「国体」は、開催する自治体にとっては国際的なスポーツイベントに匹敵するほど大規模なイベントであり、何年もかけて、行政はもちろんのこと、参加選手や競技団体、学校、民間企業など多くの人が関わり、全国から選手・関係者が来場するイベントです。多種多様な種目のスポーツ選手が一堂に会する、国内では唯一といっていいほどの大規模なイベントであるため、もっと全国民が注目し、楽しめるポテンシャルがあるのではないかと考えました。2018年6月13日に「国体」から「国スポ」に名称が変更され、佐賀県がそのはじまりの地に選ばれたことを受けて、何をすべきかと考えた際に「あらためて今、ゼロから国民のスポーツ大会をやるなら何をするか?」に対しての答えのひとつとして、スポーツを身近に感じてもらえるようにすることが必要であると考えました。
今回のSAGA2024では、「スポーツだからできること」「みんなでつくり上げる」という点に特にこだわることにしました。スポーツの魅力を最大限に伝える方法を模索する中で、佐賀県が以前から取り組んできたデザイン視点で「モノ」「コト」を磨き上げる「さがデザイン」の観点から、佐賀県内外で活躍する実在のアスリートをモデルとし、全競技をピクトグラムで表現するというアイデアが出てきました。


単にピクトグラムを制作するのではなく、「実在のアスリートをピクトグラム化する」ことにより、みんなで大会をつくり上げ、無機質なシンボルではなく血の通ったものであることを感じてもらえるような工夫を凝らしています。
今回、約1年をかけ佐賀県内外100名以上のアスリートの方に協力を得て、ピクトグラムを制作いたしました。ご協力いただいた多くの方々に感謝をすると同時に、「スポーツのチカラ」をしっかりと届けられる新しい大会づくりを目指してまいります。

■佐賀県のピクトグラムを起点としたSAGA2024への想いはこちらから
https://prtimes.jp/story/detail/WBqZPXtmYnx
ピクトグラムモデルの皆さまからのコメント

■[国スポ・ラグビーフットボール]堤ほの花 選手


「スポーツだからこそできる」こと。私は「ラグビー」だからこそ感じていただける迫力・力強さ・スピードを、チームメイトと共にベストパフォーマンスをもって、SAGA2024で発揮したいと思います。数多くのアスリートの中からピクトグラムのモデルになれて光栄です。アスリートだけではなく、応援してくださる皆さんも参加できるこの企画の今後が楽しみです。

[プロフィール]
佐賀県嬉野市出身。佐賀県立佐賀工業高等学校、日本体育大学を経て、現在は、株式会社ディックソリューションエンジニアリングに所属。2017年女子ラグビーワールドカップ、2018年ラグビーワールドカップセブンズに出場するなど、日本代表としても活躍。

■[全障スポ・陸上]百武強士 選手


SAGA2024開催に向けて、佐賀県では新たなチャレンジをしていると聞いております。今回、制作されたピクトグラムのモデルになることができ、とても嬉しく思います。佐賀県はアスリートファースト視点が凄く発展していると思います。その中で私は現在、パリパラリンピック出場を目標に日々練習しています。高い目標ではありますが、出場権を取れるように頑張りたいと思います。

[プロフィール]
佐賀県伊万里市出身、地元の学校を卒業後、佐賀県立唐津特別支援学校を卒業。現在は、サイネオス・ヘルス合同会社に所属。2018年大分国際車いすマラソン(ハーフ)で優勝、2021ジャパンパラ陸上競技大会100m、400m(決勝)3位に入賞。

車いすテニスプレイヤー/ IDEA2024審査員 大谷桃子さまからのコメント

佐賀で開催される2024年から名前が変わるということでとても大きな意味をもつ大会になるのではないかと思います。新しいことがみんなの当たり前になる第一歩となる。佐賀県に移住してきてからたくさんの方に応援していただき、みなさんの応援の力が私の原動力になってきました。次は、私がSAGA2024国スポ・全障スポを全力で応援していきたいと思います。

[プロフィール]
栃木県栃木市出身。西九州大学卒(佐賀県神埼市)。現在、株式会社かんぽ生命保険所属。2018年のアジアパラリンピック大会(ジャカルタ)で個人シングルス銅メダルを獲得し、19年の国別対抗戦(イスラエル)では団体戦銀メダル獲得に貢献した。20年9月の全米オープンで四大大会初出場を果たし、同年10月の全仏オープンでは準優勝に輝いた。東京2020パラリンピック日本代表内定。

SAGA2024ピクトグラムデザイナー 先崎哲進さまからのコメント

今回のピクトグラムには、それぞれにアスリートのストーリーがあります。今後、SAGA2024の公式HPでも順次公開を予定しているので、ぜひそちらもアクセスしてみてほしいです。一つひとつのピクトグラムに血の通った選手の物語を知っていただくことで、スポーツ自体への興味に繋げていただけたら嬉しいですね。そして、みなさんに国スポ・全障スポのことを「日本で一番のスポーツイベント」として知っていただき、日本を盛り上げる一つのきっかけになればと願っています。
先崎 哲進(せんざき たかゆき)
佐賀県唐津市出身。九州芸術工科大学画像設計学科卒業(現・九州大学芸術工学部)。株式会社テツシンデザイン代表/デザイナー。株式会社ふくしごと取締役/クリエイティブディレクター。「少し先の未来を作る・思いを戦略的に伝える・多様な働き方を考える」をVISIONにコンセプトワークから事業構築も含め、広義のデザインにかかわる。GOOD DESIGN賞、KIDS DESIGN賞など受賞。今回スポーツとの新たな関わりにワクワク中。

全国民のチカラで作り上げる史上初のスポーツ大会へ。様々な発想を募集するプロジェクト「IDEA2024」

SAGA2024は佐賀県だけで成り立つ大会ではなく、47都道府県に住むすべての人が参加していただくことでより良い大会になると信じています。そこで今大会では、名称が国体から国スポに変わる今だから挑戦出来る「アイデア」を2024個以上あつめ、実現させていくプロジェクト「IDEA 2024」を実施しています。このプロジェクトには、SAGA2024実行委員会会長(佐賀県知事)の山口祥義に加えて、国内外で活躍するアスリート代表として400mハードル日本記録保持者の為末大氏(元陸上競技選手)や東京2020パラリンピック大会出場予定の大谷桃子氏(車いすテニスプレイヤー)をはじめとして、スポーツを「する・観る・支える」それぞれの立場の人々が第1回審査会の審査員として参加します。集まった約500個以上のアイデアの中からMVI(Most Valuable Idea)を選定し、そのアイデア実現に向けて佐賀県が大会開催までの期間、“前例のない新しい大会”を目指したチャレンジをしていきます。
■IDEA 2024概要
・目的:すべての人を対象に、『体育からスポーツに変わる今だからこそ出来るアイデア』を募集し、アイデアの応募や実現を通じて、新しい大会をみんなでつくりあげていくこと
・目標:2024個以上の“スポーツだから出来る”アイデアを募集
・プロジェクトの期限:最長2023年9月30日(SAGA2024開催約1年前)まで※期間中に、審査会を随時開催予定
・応募資格:誰でも何度でも応募可能
・応募方法:SAGA2024公式ホームページ内専用応募フォーム(https://www.saga2024.com/idea/)及び県庁新館地下1階SAGA TRACK(サガ トラック)内IDEA2024スペースにて応募可能


■IDEA 2024第1回審査会について
・開催日時:2021年6月13日(日)13:30~
・開催場所:佐賀県庁新館地下1階 SAGA TRACK(サガトラック)
・審査員(一部、リモート参加)
●山口 祥義 SAGA2024実行委員会会長(佐賀県知事)
●為末 大 [スポーツを”する人”代表]Deportare Partners代表/元陸上選手、’00 ‘04 ‘08の3大会連続五輪出場
●大谷 桃子 [スポーツを”する人”代表]車いすテニスプレイヤー、東京2020パラリンピック日本代表内定、’20全仏オープン準優勝
●高園 なぎさ [スポーツを”観る人”代表]佐賀の若手シンガー兼地元に根付き佐賀を盛り上げるマルチタレント
●板山 高大 [スポーツを”支える人”代表]サガン鳥栖サポーター団体SAGANTINO NORD(サガンティーノ ノルド)代表者
※[ファシリテーター]倉成 英俊 SAGA2024プロジェクトアドバイザー

SAGA2024 開催概要

開催地:佐賀県(一部県外開催競技あり)
開催期間:2024年秋
愛称:SAGA2024(サガ ニーマルニーヨン)
開催競技:95競技 ※今後、追加の可能性あり
【国民スポーツ大会】
・正式競技 37競技
・特別競技  1競技
・公開競技  7競技
・デモンストレーションスポーツ 28競技
【全国障害者スポーツ大会】
・正式競技 14競技
・オープン競技 8競技

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

PR

開催中

真夏の古本まつり

  • 2021年7月18日(日) 〜 2021年8月3日(火)
  • ジュンク堂書店福岡店 2階 MARUZENギャラリー

PR