列島に春の嵐、太平洋側強い風雨 屋久島で猛烈な雨

 日本列島は13日、西日本と東日本の太平洋側を中心に風雨が強まり、春の嵐となった。鹿児島県・屋久島で3月としては観測史上最多の1時間に100・5ミリの猛烈な雨を記録。東京都・三宅島や高知県・室戸岬で非常に強い風が吹き、各地で荒れた天気となった。

 日航は札幌や青森、羽田などを発着する便が欠航。全日空でも羽田と八丈島を結ぶ便などが欠航した。

 気象庁によると、低気圧が西日本から東日本を急速に発達しながら横断。屋久島のほか、1時間に56・5ミリを観測した高知県南国市など30カ所以上で1時間雨量が3月として最多となった。

PR

PR

注目のテーマ