障害への理解求め電車ポスター

 山陽電鉄(神戸市)がこのほど知的障害がある人らが駅や電車内で取りやすい行動に理解を求める啓発ポスターを制作した。約千枚を印刷し、各車両や系列のバス車内などに掲示を始めている。

 ポスターは「おおごえ(を出す)」「うろうろ(歩く)」「ぶつぶつ(言う)」など障害の特性による五つの行動を色つきのイラストで紹介。「大声を出すのは不安を抑えて落ち着こうとするため」「ぶつぶつ言うのは気持ちの整理をするため」と理由も説明する。

 ポスターのキャッチフレーズ「私のことを知ってください」とイラストは車掌の樫原雛乃さんが考案した。当事者と同じ目線で問題を考えたかったという。

PR

開催中

真夏の古本まつり

  • 2021年7月18日(日) 〜 2021年8月3日(火)
  • ジュンク堂書店福岡店 2階 MARUZENギャラリー

PR