木道脇に黄色いじゅうたん、福島

 福島県北塩原村にある国の天然記念物「雄国沼湿原植物群落」で、高山植物ニッコウキスゲが一面に黄色い花を咲かせている。裏磐梯観光協会によると、国内最大規模の群生地で、7月上旬までが見頃という。

 磐梯山の西側、標高1089メートルにある雄国沼のほとりには湿原が広がる。晴天に恵まれた25日は、1周約800メートルの木道の両側に黄色いじゅうたんを敷き詰めたような光景となり、多くの登山者が写真を撮って楽しんでいた。

PR

PR