医療現場悲鳴「すでに崩壊」 「第5波」急拡大、五輪派遣も重荷

 新型コロナウイルスの急速な感染拡大で、医療現場には重い負担がのしかかる。治療やワクチン接種だけでなく、東京五輪の医療チームに職員を派遣する病院もあり、「すでに医療崩壊している」との悲痛な声も上がる。

 立川相互病院(東京都立川市)事務長の増子基志さん(47)は職員らについて、「使命感で頑張ってくれ...

残り 523文字

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

PR

古代史講座

  • 2021年9月22日(水)
  • アクロス福岡 2階セミナー室2

PR