SLの車輪動かす公開展示へ

 名古屋市は2日、1904年に製造されたドイツ製の蒸気機関車(SL)「B6型」を市科学館の敷地に置き、車輪を動かす公開展示をすると発表した。市によると、車両は世界で現存する唯一のもの。旧型客車2両も取得し、一緒に展示する。

 B6型は53年まで国鉄の高山線や中央線で使用された後、三重県四日市市の工場内専用線で使われた。68年に廃車となって名古屋市に譲渡され、以前は科学館で屋外展示されていた。

 市は、車両自体は動かさず、車輪に圧縮空気を当てて回転させ、動態展示する手法などを検討している。公開時期は未定。現在は富山県高岡市の民間倉庫に保管されている。

PR

古代史講座

  • 2021年9月22日(水)
  • アクロス福岡 2階セミナー室2

PR