中国、ワクチン分配に100億円

 【北京共同】中国の習近平国家主席は5日、新型コロナウイルスのワクチンを発展途上国に行き渡らせる国際枠組み「COVAX」に1億ドル(約109億円)の拠出を決めたと明かした。「今年、努力して世界にワクチン20億回分を提供する」とも表明した。中国は既に7億回超を供与。途上国支援を打ち出し、国際的な影響力の強化を図る狙いだ。

 中国が同日オンライン形式で開いたフォーラムに書面であいさつを寄せ、フォーラムがワクチン公平分配の「新たな一歩となるよう期待する」とした。中国外務省によると、タイやトルコ、ブラジルなど23カ国に加え、国連やWHO、内外ワクチン企業が出席した。

PR

PR