国内で最も権威ある「JJAジュエリーデザインアワード2021」でグランプリ内閣総理大臣賞を初受賞予定|宝石・時計いのうえ

グランプリ受賞は「九州初」。台東区長賞とあわせて2作品ダブル受賞予定。
 1828年の江戸時代から続く福岡の老舗宝石店:宝石・時計いのうえ(本社:福岡県福岡市、代表取締役 井上晃一)、国内で最も権威のあるジュエリーコンテスト「JJAジュエリーデザインアワード2021」初出場で、グランプリの内閣総理大臣賞と台東区長賞を9月1日にダブル受賞予定となりました。
左:高橋(デザイン・製作)、中央:代表 井上、右:上久保(デザイン・製作)

 新型コロナ拡大により“不要不急” の商材であるジュエリー業界は大きな打撃を受け、2020年の国内ジュエリー小売市場規模は前年比83.2%の1,656億円の減少となり、リーマンショック以上の縮小。この逆風の中、宝石・時計いのうえでは30歳と28歳の若手デザイナー・クラフトマンに活躍の場を設け、老舗企業として技術や伝統を守りつつ新たなチャレンジも続けることで、九州初・福岡初の受賞予定内諾の快挙となりました。
 今後も弊社では、お客様に最も適したジュエリーをご提案できる専門家「かかりつけの宝石店」として、ジュエリーを通じて心と生活を豊かにしていただけることを目指して参ります。

■「JJAジュエリーデザインアワード」とは
 「JJAジュエリーデザインアワード」は日本ジュエリー業界の最も権威あるコンペティションとして、グランプリ・内閣総理大⾂賞を筆頭に、クリエイター/クラフトマンの才能を国内外へと発信する場です。経済産業省に認可された一般社団法人日本ジュエリー協会が主催し、審査員にはアンミカ氏などの著名人も名を連ねています。

■ジャパンジュエリーフェア2021で披露、国際コンテストにもエントリー予定
 9月1日から3日の3日間、日本最大のジュエリー生産地である山梨県甲府市のアイメッセ山梨で開催される「ジャパンジュエリーフェア2021」会場に展示され、広く業界関係者に向け披露されます。また9月9日から27日まで、山梨ジュエリーミュージアムにおいて展示が予定されています。さらに、グランプリ受賞作品は『VOGUE JAPAN』誌面(10月号)にタイアップ記事掲載、および来年以降の国際コンテストにもエントリー予定です。
グランプリ「内閣総理大臣賞」受賞作品『Twinkle~星影の記憶~』

■グランプリ「内閣総理大臣賞」受賞作品『Twinkle~星影の記憶~』について
 作品のテーマは、子供の頃に見た流星群の記憶。プラチナとホワイトゴールドで構成した淡いストライプの木目金は、流星が過ぎ去ってゆく余韻と次の瞬間に降り注ぐ期待を表現。僅かに揺れる金の輪は空の彼方で輝く星を想わせます。二段構成の曲線は、様々な輝きの表情を見せ、首に添う角度と重心で着け心地も軽やかになるよう工夫をしました。

 デザイナー・製作者:上久保泰志
 アイテム:ネックレス
 素材:Pt900・K18WG・K18・ダイヤモンド
「台東区長賞」受賞作品『軌跡』

■「台東区長賞」受賞作品『軌跡』について
 作品のテーマは、ローマを訪れた際、印象に残った石畳の道。それは文明の発展と共に長い年月をかけて表面がすり減り、うねって湾曲していました。石畳は天気によってその表情を変え、雨の日には艶っぽく、晴れの日にはざらり。ローマで魅せられた様々な変化を3種の質感に仕上げたゴールドで表現しています。

 デザイナー・製作者 高橋里奈
 アイテム:チョーカー・ブレスレット・ピアス・ イヤカフ・チャームセット
 素材:K18・ダイヤモンド・スフェーン
■『宝石・時計いのうえ』について
 「かかりつけの宝石店」として、福岡市博多区・中洲川端で宝石店を経営。創業は文政11年(1828年)で、現在は7代目となる42歳の井上晃一が代表を勤めます。創業時から細工の丁寧さ・表現力の豊かさには定評があり、お客様第一の仕事ぶりで高い評価を受けてきました。
 また、経営効率化の徹底とIT活用で、高品質ジュエリーを相場よりも安く提供。県外のお客様からの注文も多数いただいております。また、働き方改革として、女性が働きやすい職場つくり・若手の活躍の場・リモートワークも推進。お客さまだけでなく従業員・取引先も含め、ジュエリーを通じて心と生活を豊かにすることを目指します。

【お問合せ先】
宝石・時計いのうえ(株式会社いのうえ)
マーケティング・広報チーム 担当:井上
住所:福岡市博多区上川端町13-15 安田第7ビル9階
TEL:092-283-1133
Web:https://www.inoue1828.com/ https://www.inouedia.com/

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

PR

PR