九博の台北故宮展、肉形石10月7日から展示

 台北・故宮博物院は25日、日本初の特別展について、白菜そっくりに彫刻したヒスイ「翠玉(すいぎょく)白菜」は6月24日から東京国立博物館(東京・上野)で、豚の角煮をかたどっためのうの「肉形石」は10月7日から九州国立博物館(福岡県太宰府市)で展示されると発表した。いずれも開催初日から2週間の限定展示。

 2点は普段は故宮3階の同じ部屋で展示され、観光客に最も人気が高い集客の柱。海外出品は初めてで、貸し出し時期を検討していた。2点が不在の間の代替展示品も発表。肉形石を貸し出し中は、代わりに小型の「翠玉小白菜」などを加え、白菜にちなむ展示品を同時に3点そろえる。日本での特別展の会期は東京が9月15日まで、福岡が11月30日まで。 (台北・横尾誠)


=2014/03/26付 西日本新聞朝刊=

PR

PR

注目のテーマ