振り返り励ます「ついて来い」

 8日の東京五輪男子マラソンで銀メダルに輝いたオランダのナゲーエ(32)がゴール直前、後方のベルギーのアブディ(32)を何度も振り返り「ついて来い」と励ますジェスチャーを繰り返し、注目を集めた。アブディは銅メダルを獲得。ともにソマリア難民で若い頃に母国を離れた。今は代表する国こそ違うが、固い絆が表彰台につながった。

 2人は残り1キロを切ったところで、ケニアのチェロノ(33)と2、3位争いを展開。やや先行したナゲーエが後ろのアブディを振り返り、右手を振って鼓舞するかのようなしぐさを見せた。

 ゴールし、2人は抱き合った。アブディは「これまで彼とは励まし合ってきたんだ。チームメートのようにね」と感謝した。(共同)

PR

開催中

初めての俳句教室

  • 10月7日(木)、11月4日(木)、12月2日(木)
  • 耳納市民センター多目的棟

PR