政府、フードテックの表示明確化

 政府は、植物由来の「代替肉」など食料と先端技術を融合させた「フードテック」の商品表示基準を明確化する。原材料を併記した上で大豆原料の「大豆肉」、オーツ麦から作られる「オーツミルク」といった商品名の使用を認める。消費者庁のホームページに20日から「Q&A」を掲載し、周知する。河野太郎規制改革担当相が同日の記者会見で明らかにした。

 フードテックは、フード(食料)とテクノロジー(技術)を合わせた造語。植物由来の原材料から肉や魚などの味や食感などを再現した代替食品が製造されている。これまで明確な表示基準がなかったため、企業から改善要望があった。

PR

PR