君が代の「さざれ石」のモデル? 京都の山の中で忘れられ

 「京都市右京区にある『君が代』のもとになった『さざれ石』が忘れられ、荒れています」。京都新聞の双方向報道「読者に応える」に情報が寄せられた。投稿主は、生涯学習施設「アスニー山科」(京都市山科区)の専門主事で、元小学校教諭の田井茂実さん。そのさざれ石は、右京区鳴滝音戸山(なるたきおんどやま)町の山にあり、地元では「入亀山」「さざれ石山」と呼ぶそうだ。現場を訪れて取材を始めた。

 「君が代」のさざれ石のモデルとされる石は全国各地にある。しかし、田井さんは自身の研究に基づき、「君が代」に歌われるさざれ石は鳴滝音戸山町の石だと説明する。江戸時代中期の京都ガイド本「都名所図会」にも掲載されるほどの名所だったという。

 さざれ石のある山は現在、京都市が管理しており、入り口にある門が施錠されているので自由には入れない。今回は、京都市に「立入許可申請書」を提出し、田井さんの案内で現場に向かった。

 さざれ石は、道路から離れたやぶの中にあるそうだ。幼い頃からよく訪れたという田井さんの背中を追い、獣道のような難路を進んでいく。しばらくすると視界が開け、ごつごつした岩の塊が見えた。

 高さ50センチほどの岩の塊が五つほどある。田井さんによると、このさざれ石はチャートと呼ばれる岩石で、約2億年前の海底で放散虫の死骸などが積み重なってできたという。

 1966年に撮影された写真と見比べた。写真ではさざれ石の周囲に植物はなく、全体像がはっきり分かるが、現在はマツやシキミなどが周囲に生い茂り、岩肌の一部を覆い隠している。

 田井さんは「樹木の成長に伴い、岩の風化が進んでいるように思う。このままでは細かい石が凝固して岩になる『さざれ石が巌(いわお)となる』ではなく、人目に付かないうちに『巌がさざれ石』になってしまうのでは」と懸念する。

 この一帯は、どのように管理されているのか。京都市風致保全課に聞いた。

 同課によると、一帯は古都保存法の歴史的風土特別保存地区に定められており、自然の状態を維持するために普段は門を閉じている。また、危険な樹木の撤去といったメンテナンスも随時、実施しているという。

 風致保全課は「これまでにもさざれ石を見たいという申請があれば、立ち入りを許可してきた。今後も申請があれば適切に対応していく」としている。

 現代では知る人ぞ知る名所になったさざれ石。田井さんにあらためて思いを聞くと「市として管理はしなければならないのは分かる。名所のさざれ石を多くの人に知ってもらうためにも門の近くに看板などがあってもいいのではないか」と提案する。

(京都新聞・浅井佳穂)

関連記事

PR

PR