メルカリPdM 與田祐樹氏、プロダクト顧問に就任

フルリモート経営の株式会社キャスター(本社:宮崎県西都市、代表取締役 中川祥太)は、2021年9月1日付で株式会社メルカリ Product divisionマネージャーの與田祐樹氏をプロダクト顧問としてお迎えしました。



與田氏は、株式会社ファーストリテイリングにてユニクロ店舗のDX化や、オンラインストア事業の成長を牽引、グリーやメルカリなど複数のスタートアップでプロダクト組織を率いてこられました。豊富な経験を有する與田氏をプロダクト顧問に迎え、自社開発のタスク管理システム「Workforce」を中心としたプロダクト開発を強化し、当社の成長をより一層加速してまいります。
與田祐樹氏からのコメント

非常にフレキシブルで前向きなメンバーが多いキャスターさんとお仕事をともにする中で、リモートワークを当たり前にするミッションへの情熱を肌で感じることができました。
以前からある個人のエンパワーメントを行うことで、社会の従来の慣習が代わり、より豊かに主体的に生きる世の中を作りたいという思いを持っていた私にとって、このような形で参画することは非常に自然なことでした。私自身のこれまでのプロダクト開発の知見や経験を活かして、リモートワークが当たり前になり、人がもっと自由になった社会の実現に向けて貢献してまいります。

経歴
大手印刷会社系列のITベンチャーを経て、2011年にグリー株式会社入社。2015年に株式会社ファーストリテイリングへ入社し、PMとしてユニクロアプリやジーユーオンラインストアの開発を担当。2018年2月、株式会社メルカリに入社し、US版メルカリのPMを担当。その後、2019年7月よりJP版メルカリにてProduct divisionのマネージャーを担当。現在は、越境ビジネス、新規事業プロダクト開発やビジネス展開の基盤開発を担当している。

キャスター取締役 森岡由布子コメント

オンラインアシスタントサービス「CASTER BIZ」の根幹を支える自社プロダクト「Workforce」は、タスク管理ツールのみに留まらず、契約管理、支払管理、請求管理などを包括したERP(統合基幹業務システム)へと成長しました。

このたび、複数のスタートアップでプロダクト組織を率いて来られた與田氏をお迎えし、「Workforce」を活用したキャスターでの業務効率化はもちろんのこと、顧客のタスク効率化や、キャストがより働きやすい環境づくりをプロダクトを通じて行い、「リモートワークを当たり前にする」のミッション実現に向けてより加速させていきたいと思っております。

(写真)左上:COO 森岡由布子、右上:與田祐樹氏、下:代表 中川祥太
キャスターが提供するサービスについて

当社は、オンラインアシスタント「CASTER BIZ」をはじめとした総合人材サービスを提供しています。
主力事業である「CASTER BIZ」は、クライアントが必要とする時に必要なだけリソースを提供できるアウトソーシングサービスです。
100人に1人の優秀なオンラインアシスタントが、人材不足に課題を持つクライアントの日常業務から経理・採用・人事・営業などの専門業務まで幅広く対応します。

CASTER BIZブランドサイト
https://all.cast-er.com/
株式会社キャスターについて

「リモートワークを当たり前にする」をミッションに掲げ、創業時よりフルリモート経営で組織運営。フレックス制度など、柔軟に働ける環境を整えており、当社への採用応募および登録者は月2,000件以上。現在800名以上(うち雇用社員 約 350名)のリモートワーカーが在籍しています。

<キャスター会社概要>
会社名   :株式会社キャスター
本社所在地 :宮崎県西都市鹿野田11365-1神楽酒造内 アグリ館2階
代表取締役 :中川 祥太
設立    :2014年9月
URL    :https://caster.co.jp
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

PR

PR