IR汚職、衆院選へ影響大 自民「離党でも公認責任」 野党「議員辞職を」

 カジノを含む統合型リゾート施設(IR)事業を巡る汚職事件で、衆院議員秋元司被告=自民党離党=が実刑判決を受け、与党は「極めて大きな問題」(自民党の森山裕国対委員長)と深刻に受け止めている。衆院選を目前に控え「政治とカネ」の問題に有権者の関心が集まり、逆風となりかねないためだ。野党は速やかな議員辞職...

残り 671文字

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

PR

PR